多読と英語上達完全マップをベースに勉強中。

はじめに

■はじめに

多読と英語上達完全マップをベースに勉強中です。
勉強ができない、英語が苦手、という人が勉強する場合の参考になればと思って書いています。
高校時代に英検2級が受からない程度の苦手感で(笑)TOEIC600点~730点目標。
現在、TOEICで730点がとれたので、多読をはじめようというところです。
多読についてはこれから書いていこうと思います。

英語完全上達マップを参考にしてますが、自己流も入りつつです。
できる人は、一つの勉強法を信じでやり抜ける人だと思いますが、そんな人ばかりではないと思いますし、独学だと思うようにできなかったりすると思うので、そういう方の参考になれば幸いです。

比較のために書いておきますが、私の場合は、高3で英検準2級に合格、2級は落ちてます。本格的に受験勉強はしておらず、英語は苦手意識があって嫌いでした。高校の時で、平均より少し下くらい。
大学でも授業でやった程度で特に勉強せず、十数年が経過して、ほぼ覚えてない状態からの開始です。

10年以上のブランクも大きいかもしれません。
もっと頭のいい人とか、英語が得意だった人、仕事で使っている人はともかく、そうでなくてブランクがある場合は学生時代の延長と思ってはいけない!(笑)
中学生レベルと考えないと挫折すると思います。

TOECI900点とるつもりの参考書で…と書かれたサイトさんもありますが、できる人はいいと思うんですが、私みたいな根性無しは挫折します。
そんな挫折してしまう方&英語できないんですけど! という方の参考になれば幸いです。

ついでに私が英語を勉強しようと思ったきっかけは、前の職場に海外の方がいらして困ったことがあり、直面してからでは遅いと思ったので。 ついでに就職活動する時に履歴書に書ければいいなと。それから、洋書が読めたらちょっとかっこいいな、という一番挫折しそうなタイプです。

続けられたのは……ブログを書いていたのが大きいかもしれません。
人に言ったからにはやらなきゃっていう義務感です(笑)

■学習進度(私の場合)

2011年暮れに開始。ブランクあり。1日30分。
 ↓
(2年3ヶ月)
 ↓
2014年6月末に、英検2級過去問で44点で合格点ちょうど(合計450時間学習・考え事をしていてほとんど聴いてなかったような、いい加減なリスニングなどの時間も入れてます)

◆高校卒業程度

2014年7月から本格的に開始。
 ↓
(3ヶ月)
 ↓
2014年10月末(約700時間学習時点)
 TOEIC対策ほぼなし・新公式問題集〈Vol.5〉正解数109問 430点くらい?
 英検2級過去問53点
 ↓
(4ヶ月)
 ↓
2015年2月(約1000時間学習時点)
 TOEIC対策あり・新公式問題集〈Vol.5〉 正解数136問 630点くらい?
 英検2級過去問55点
 ↓
(1年2ヶ月)
 ↓
 ↓ 2015年6月 英検2級過去問61点
 ↓ 2016年2月 英検2級過去問66点
 ↓ TOEIC公式問題集(Vol.6、4)では正解数から見ると630~680点程度
 ↓ 2016年3月13日(最後に解いた)Vol.4テスト2は650-760点でした
 ↓
2016年4月(2075時間学習時点)
 第209回公開テスト 740点

1日2時間30分程度の学習で、
高校卒業程度から1年9か月ちょっと、学習時間は1625時間くらい、
公式問題集で400点台前半から1年5か月ちょっと、学習時間は1375時間くらい、で740点でした。

時間について、450時間経過からは、集中してなかった(ラジオをつけてたけどほとんど聴いてなかった)などの時間は入れてません。ラジオなどでも集中していた時間は入れてます。でも、基本的にあまり集中して勉強してないんですが……20~30分程度を1日に何度か、というのが多かったです。 教室などには通っておらず、仕事やプライベートでは全く英語を使っていません。

■自分はできない、むいてないと思ったら

凄い短期間で800点とか900点とれます! とかありますが、好きで勉強しているか、よほどの精神力がないと、きつい気がします(^^; あとは学生時代に真面目に勉強していたとか。
私のように、子供の頃から自主的に勉強ができなかった人は、やっぱり人間すぐに変われるものではないので……、集中して勉強することが難しいです。もっとできるようだったら、学生時代にもっといい大学に入れてたよーと思います(笑)

短期間2~3ヶ月で100点も200点伸びるなども……
私の場合も、上を見てもらえばわかると思いますが、対策というか、公式問題集をやり出して4ヶ月くらいで、公式問題集の得点ですが200点くらい伸びてます(笑)
私の場合は、単に慣れただけのような気がします。
英検の得点はほぼ変わってないので(笑)
TOEICは慣れとか、問題の形式を知るだけで100~200点くらいはあがるんじゃないかと思います。
最初に公式問題を解いた時は、問題の順番を間違えて、縦に見なきゃいけないところを横に進んでたとかあったので(笑)あとは時間配分とか。

それと、ネットの情報は少し偏りもありそうな気がします。
出来ないと止めちゃう人もいると思いますが、成功者の中の平均学習内容(時間)となると、優秀なものが残るのではないかと思います。本や雑誌、サイトでも、成功者の記事しか載せないというのはポイントかもしれません。

そこで見る例はあくまでも「雑誌やネットに掲載されてしまうような成功例」だということ。
内容を取り入れるのはいいですが、その人たちと比較するのはよくないですね。私は比較してしまって、ダメだなーと思ってしまうタイプなんですが(笑)
どれだけ時間がかかっても、英語がしゃべれるようになりたいなら、しゃべれれば成功だし、TOEICで取りたい点数があるなら、その点が取れた時点で成功ですしね。
他人と比較しない、などよく見かけますが、まさにその通りですね。

↑ PAGE TOP
次のページへ>TOEIC以前・英検2級レベル

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system